HOME採用情報社員インタビュー

1989年4月入社。設計部(現・技術部)に配属後、製造部、資材の仕入れを行う購買部を経て、2011年から製造部メカニカル製造課に再び配属。

機械の組み上げはプラモデルにも似た楽しさが魅力。
何よりも大切なのは、根気強さと高い協調性、
そして熱意。

工業高校を卒業後、機械加工を志して入社しましたが、設計部への配属になりました。現在はダイモドリルの組み立て作業に携わっていますが、図面を見て自分なりに理解しながら機械を組み上げる作業は、プラモデルを作る感覚にも似ていて楽しいですね。この仕事には、専門知識よりもコツコツと根気強く仕事に向き合う姿勢が必要。最終的には図面を読み取り、これがどのような機械なのかを理解する力が求められますが、それも根気強さがあれば身につくはずです。また、私たちの部署の仕事はチーム作業なので、協調性を整えていることも大切ですね。仕事への熱意や、会社を良くしていこうという思いのある方と仕事ができればと思います。今後においては、現在外注品を使っている油圧ユニットをいつかは自分の手で組み立ててつくりあげたいという思いがあります。そのためにはさらなる専門知識が必要なので、これからも努力し続けたいと思っています。